コンテンツ制作

webサイトのコンテンツはユーザーの検討の段階に応じて用意する

ユーザーがサイトに訪問する理由は自身の問題解決を促すコンテンツを閲覧するためです。特に、ユーザーが商品やサービスの情報収集し、その後購買や問合せを最終ゴールとしている場合、ユーザーのサービス・商品の検討段階を見極め、そのニーズに応じた適切なコンテンツを提供することが必要です。

潜在層

いまだ、悩みに気づいていないユーザーに対しては、Webコンテンツへの流入施策とセットでコンテンツを考えます。流入施策で現在利用されているのは、展示会やセミナーといったオフライン施策、オンラインセミナー、SNSやインターネット広告などのオンライン施策を用いられます。

顕在層

自分自身で悩みが明確化しており課題を解決したいが、その方法がわからないユーザー。これらのユーザーは自身の悩みを二語か三語のキーワードに変換して検索します。これらの検索ニーズに合致するコンテンツを用意することで、サイトにユーザーを集客し、行動に導きます。

明確層

自分自身の問題解決についてどのように行うべきかある情報収集が終わり、他社製品やサービス内容と比較検討をしている段階です。製品・サービスを使いたいという欲求が高まっているため、最後の後押しを行うような事例紹介やお試しセットの申し込みといったコンテンツが必要です

コンテンツはCTA(Call to Action)とセットで考える

コンテンツ閲覧を行ったユーザーに、サイトのコンテンツの閲覧だけで終わらせず、検討段階に応じた顧客行動を想定したアクションを用意します。想定されるアクションは、通常であれば、潜在層に向けてはメルマガの申し込みやお役立ち資料のダウンロード、深掘りして情報を取得したい顕在層に向けては関連資料のダウンロード、セミナーやWeb面談の申し込みなどがあります。問合せや購入前の顧客が情報収集のためにアクションしたくなるようなコンテンツを用意し、顧客情報の取得によってその後のコンテンツを用いた定期的に接触を行っていきます。

良質なコンテンツ制作に必要な明確な制作ワークフロー

ターゲットの段階を見極めた良質なコンテンツを作成するためには、明確なワークフローが必要です。弊社のコンテンツワークフローは以下となります。下記の項目について、弊社でのテンプレートを活用しながらコンテンツ制作を行っていきます

  • ターゲットペルソナの設定
  • ターゲットペルソナの問題を把握
  • ターゲットペルソナの検討段階を定義
  • 検討段階に応じた課題を抽出
  • 課題に応じたコンテンツリストの作成
  • コンテンツのディレクションシート作成
  • ディレクションシートに応じた素材の収集
  • 取材・撮影
  • ライティング
  • 原稿校正
  • デザイン
  • コーディング
  • 最終校正
  • コンテンツ公開
  • 公開後の見込み顧客へのマーケティング施策
  • ページの分析
お問い合わせやご相談はこちらから
コンテンツ制作