お知らせ

今日のお客さま:エチゼン ガロ&役者 土井零視さん

オフィス事業のほか、アーロンチェアやカリモク60も扱う『エチゼン ガロ』の土井零視さんが遊びに来てくれました。

株式会社越前屋のオフィス事業部部長という役職もまちがいではないですが、ぼくにとっての土井零視さんは舞台で不思議な引力を放つ役者さんでもあります。

たぶん、初めて観たのが数年前のネオンホールプロデュース公演 『マッチ売りの少女たち』(原作:別役実、作:平田オリザ、演出:西村和宏)で、突如現れた不条理に翻弄される家庭の男を土井さんが演じられていました。

この劇は一時間丹念に積み木を積み上げて、最後に積み木を踏み台に、どーんと別の場所にジャンプするような劇だったのですが、土井さんはそこに至るまでの演技を誠実に積み重ねている姿が印象的でした。
それ以来、静かにファンの一人でもあります。(面とむかってお伝えしたことはないのですが)

今回の訪問では八月に予定されている街歩きイベントについてのご相談でした。
JBNがどのような形で協力できるか(はたまた出来なかったりするかもしれませんが)、今から楽しみです。(稲田)

エチゼン ガロ
http://www.echizen.co.jp/rrd/