西後町日記塚原副会長のブログ

寫眞器博物館

2018.02.27

(株)山本寫眞器店という看板とのれんがいかにも硬派の店であることを主張しています。「ねえ、シャシンキってなに?」という子供の声が聞こえてきそう。そもそも、この旧字体の漢字が読めません。

この寫眞器店の外観をよく見ると「まちかどミニ博物館 寫眞器博物館」というアールヌーボー風の看板も下がっています。中に入ると奥のほうにズラリと並ぶ歴代ライカをはじめとしたクラッシックカメラの数々。そして中央にライカカメラの父ともいえるオスカーバルナックの胸像が鎮座しておりました。

ほどほどの古さの懐かしいカメラもたくさんあって、熟年には感涙もののカメラ店です。子どものころ「こら、お父さんの写真器勝手に触るんじゃない!」と怒られたりした年代ですね。

執筆者

つかはら やすのり

つかはら やすのり

株式会社JBN 取締役副会長

過去の講師歴
●出張セミナー「インターネットを活用し、「信州の酒」の評価を上げるためのセミナー」(主催:長野県酒造組合)
●出張セミナー「消費宣伝担当職員向け研修会『Web活用の現在とこれから』」(主催:長野県内団体)

個人的な活動
AISCC(アジア子ども交流支援センター)理事
砥石伊の会 会員・広報担当