開発マトリョーシカ

Google Speed Update がはじまるよ

2018.07.02SEO

こんにちは。うまい、やすい、はやい、マトリョーシカだよ。
やっぱり、「はやい」っていいよね。余計な時間をかけずにサクサクいきたいよね。

というわけで、今回は、表示速度の話。

表示速度ってSEOに影響するんですか

するよ。
「SEO」っていう言葉を「ユーザー体験」に置き換えてみたらいいんじゃないかな。そうしたらわかりやすいと思うよ。

「表示速度ってユーザー体験に影響するんですか」
......ね。するよね。

そんなこんなで、2018年7月からGoogleの「Speed Update」がはじまるよ。

Speed Update ってなに

とりあえず、Googleの公式ブログの記事を紹介するね。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

この内容を簡単にまとめると、以下の4点になるよ。
・今まではPCの表示速度をモバイルに反映していたけどこれからはモバイルの表示速度をモバイルに反映するよ
・PCは今までどおりだよ
・超遅いページのみ影響するよ
・速度より検索意図のほうが重要だよ

要は、今まで以上に正確にページの表示速度がランキングに反映されるということだね。
こういう動きはこれからも続いていくんじゃないかな。だから、ページの表示速度について取り組まないとね。

大切なのはツールに振り回されないこと

Googleは表示速度を向上するためのツールをいくつか提供しているけど、ツールで高得点を狙うことは重要じゃないよ。
満点のページにするには相当なコストがかかるから、手間と時間ばかりかかった豪勢なページになってしまうよ。費用対効果は重要だよね。

特にわかりやすいツールといえば、PageSpeed Insightsだね。
URLを入力するだけでいいからわかりやすいんだけど、これを満点にすることでページの表示速度が向上されるわけではないから、ユーザー体験を向上することにもつながらないよ。

たとえば、JBNのサイトのとあるページで調査すると、以下のような改善提案が出てくる。

https://www.jbnet.jp/common/img/common/bg.jpg を圧縮すると 36.6 KB(16%)削減できます。

すごいね。16%も改善できるってさ。

......でも、よく見てね。 36.6 KB だよ。やらないよりやったほうがいいかもしれないけど、ユーザー体験には影響しないようなわずかな違いだよ。そんなの意味ないよね。

繰り返すけど、大切なのはユーザー体験だからね。だからGoogleは、速度より検索意図のほうが重要だって言うんだよ。
どんなに「はやい」があっても「うまい」がなければよいユーザー体験にはならないからね。

なんでもそうだけど、こだわりすぎるとただの自己満足なんだよね。こだわりたい気持ちをむやみに否定するつもりはないけどさ、必要以上のこだわりはお勧めできないかな。
誰のためのコンテンツなのか、誰のための速度改善なのか、考えながら本質的な最適化に取り組みたいね。

ユーザー体験を向上させたい方はお問い合わせください

執筆者

マトリョーシカの中の人

マトリョーシカの中の人

株式会社JBN 制作部副部長

「難しそうなことはきっとマトリョーシカがなんとかしてくれるはず。」
そんな都市伝説を形にするため地上に降り立ったクリーチャー。
年齢も性別もみんな不明。一体お前は何なんだ。
手も足も出ないし、首も回らない。
それなのに、いつもどうやって設計しているんだろう。
どうやってプログラム書いているんだろう。
そっちのほうが都市伝説。