開発マトリョーシカ

モバイルファーストインデックスについてできるだけわかりやすく説明してみた

こんにちは。3月末に「ピッカピカのマトリョーシカです」って言ってしまったために、あいさつ文がネタ切れを起こしているマトリョーシカです。

というのも、4月初旬に記事を投稿するつもりはなかったのです。きっと、次の記事は早くても4月中旬くらいだと思っていました。でも、JBNのSBW担当者が「モバイルファーストインデックス(MFI)の記事を書いてほしいな」って言うので、書くことにしました。需要があれば供給するのがマトリョーシカクオリティー。確かに、モバイルファーストインデックスについては、どこのサイトの説明を見てもイマイチわかりづらいんですよね。ほかのサイトに書かれていることと同じことを書いても意味がないので、ここでは、どこよりもわかりやすいモバイルファーストインデックスの説明を目指してみます。
......目指してみたけど結局わかりづらいっていうオチがつかないようにがんばらないと。

モバイルフレンドリーアップデートと何が違うの

まず、混同しやすいところから説明します。モバイルファーストインデックスとモバイルフレンドリーアップデートとの違いについてです。ああ、カタカナが多くて読みづらい。

モバイルフレンドリーアップデートというのは、2015年4月に始まったGoogleの取り組みです。その名の通り、モバイルにフレンドリーなサイトに対する取り組みです。「携帯端末を使っている人が増えてきたから、携帯端末で検索したときにモバイルに対応したサイトを優先して表示してあげよう」というものです。この取り組みは、PCでの検索結果には影響しません。あくまでも携帯端末のみです。この取り組みによって、携帯端末での検索結果が変わりました。そういうわけで、携帯端末についての対応はとっくに終わっています。だから、今さら検索結果は変わりません。よかったね。

では、モバイルファーストインデックスでは何をしようとしているのかというと、「もうPCを使っている人より携帯端末を使っている人のほうが多いんだから、PCよりモバイルを重視しよう」というものです。2018年3月末から始まりました。それによって、今まではPCサイトから情報収集していたのが、これからはモバイルサイトから情報収集するようになります。情報収集の方法が変わるだけなので、ランキングには直接影響しません。

一つひとつの例を挙げて具体的に説明しますね。

レスポンシブウェブデザインの場合

PCとモバイルとで持っている情報に違いがありません。なので、モバイルファーストインデックスの影響を受けません。よかったね。

すべてのページがAMP HTMLで作られている場合

PCとモバイルとで持っている情報に違いがありません。なので、モバイルファーストインデックスの影響を受けません。よかったね。

PCサイトしかない場合

PCサイトしかないので持っている情報もPC用のものしかありません。なので、モバイルファーストインデックスの影響を受けません。よかったね。
......全然よくないです。携帯端末を使っている人のほうが多いのにPCの対応しかしてないのだから、すでに、多くの人には見られないサイトになっています。

モバイルサイトしかない場合

モバイルサイトしかないので持っている情報もモバイル用のものしかありません。なので、モバイルファーストインデックスの影響を受けません。よかったね。
......これはこれで本当にいいかもしれません。携帯端末を使っている人のほうが多いのだから。

PCサイトとモバイルサイトとでURLが異なる場合

持っている情報が異なります。今まではPCサイトの情報を集めていたものが、これからはモバイルサイトの情報を集めるようになります。Googleは、それぞれのページが持っている情報をできるだけ同じにするようにと述べています。PCで検索した結果に表示される内容がモバイル用の情報になるため、クリックした先でギャップを感じる可能性があるためです。

PCサイトとモバイルサイトとでURLは同じだがコンテンツが異なる場合

持っている情報が異なります。今まではPCサイトの情報を集めていたものが、これからはモバイルサイトの情報を集めるようになります。Googleは、それぞれのページが持っている情報をできるだけ同じにするようにと述べています。PCで検索した結果に表示される内容がモバイル用の情報になるため、クリックした先でギャップを感じる可能性があるためです。

ほかにもいくつかパターンがありますが、簡単に言うとこんなところです。

2018年7月からは、ページの表示速度が検索結果に影響するようになります。今のうちに、表示速度を改善しておきましょうね。

ウェブサイトのことで質問などありましたら、どうぞお問い合わせください。ここでお答えするかもしれません。

参考

Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスを開始します
Google ウェブマスター向け公式ブログ: ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

おまけ

昨日、エイプリルフールネタを見まくっていたのですが、個人的には、タカラトミーが優勝で、ロート製薬が次点です。来年はJBNでもこういうことやろうかな。(多分、やらない。)