ZenFone2 LaserをMarshmallowアップデートしてみました

今回は、完全に個人的な記事です。
個人で使用しているスマートフォン、ZenFone2 LaserのOSをAndroid 6.0(Marshmallow)にアップデートしたよ、っていう話。
多分、同じ機種を使っている人は同じように困っただろうから、ちょっとでも助けになればいいな、と、思って。

ZenFone2 LaserのMarshmallowは、8月17日に配信開始されました。
で、多少は無謀と思いながらも、その日のうちにアップデートしちゃったわけです。

まず、最初のハードルは、アップデートファイルのサイズ。1GBもある。私のZenFone2は16GBモデルなので、そんな空きあるわけない。
というわけで、まずは、キャッシュをクリアすることにしました。

設定 > ストレージ > キャッシュデータ

私の場合、キャッシュが1GBあるのでこれで解決。

Marshmallowアップデートの通知が来ていたので、そこからダウンロード。しばらく待機。

無事ダウンロードできたので、インストールしようとしたら、こんなメッセージが。
「Android 6.0では、APP2SDをサポートしていません。システムアップデート前に、インストール済みのアプリを全て内蔵ストレージに移動した後で、システムアップデートを実行してください。」
......マジか。
Androidって、SDカードを使えることが魅力なんだけどな。Marshmallowからは、完全にメディア用になってしまうのか。
仕方がないから、すべてのアプリを内部ストレージに移動。
......やはり、容量オーバー。あとで入れ直せばいいや、と、いくつかのアプリを削除。

さあ、アップデート開始。
ここからかなり時間がかかります。時間に余裕のあるときにアップデートすることをお勧めします。

アップデート完了したら、Google Playでアプリを更新。
そして、再起動。(アプリを最適化するため。)

APP2SDをサポートしていないとか、いくつかデメリットはあるけど、それでもMarshmallowにしたほうがいいんじゃないかと思います。
個人的には、アップデート後のほうがフォントが好みだし。感覚的な話になるけど、メモリの処理が改善されているような気がするし。

......そして、最後の難関。

Wi-Fiをオフにすると、インターネットに接続できなくなる!

......困った。

いろいろ試してみたけど、どうしても接続できない。

原因は、アクセスポイントがクリアされてしまったためでした。

設定 > (無線とネットワーク)もっと見る > モバイルネットワーク > アクセスポイント名

アクセスポイント名は、キャリアによって異なります。
私の場合、b-mobileなので、APN設定一覧を見ながら設定しました。これで解決。
なんとかなってよかった......。

また問題とか発生したら、記事にします。

JBNはWebによって企業の経営課題を改善する会社ですが、どうして私はプライベートでも課題解決に取り組んでしまうんだろう。

執筆者

マトリョーシカの中の人

マトリョーシカの中の人

「難しそうなことはきっとマトリョーシカがなんとかしてくれるはず。」 そんな都市伝説を形にするため地上に降り立ったクリーチャー。 年齢も性別もみんな不明。一体お前は何なんだ。 手も足も出ないし、首も回らない。 それなのに、いつもどうやって設計しているんだろう。 どうやってプログラム書いているんだろう。 そっちのほうが都市伝説。