消費者と企業のつながりを深めるWebサイトの構築

アトリオン製菓株式会社
消費者と企業のつながりを深めるWebサイトの構築

目次

アトリオン製菓は、長野県須坂市を拠点に約70年の歴史をもつ製菓企業です。ヨーグレットやハイレモン、パチパチパニックといった知名度の高い商品や、信州産のフルーツを使用したキャンディなどを製造しています。

2023年5月に社名が変更され、この変革に伴うWebサイトリニューアルで、消費者との結びつきをより一層促進するためのコンテンツを中心に、手軽な情報発信が可能なWebサイトを構築しました。

プロジェクト概要

課題・背景
  • 現行のWebサイトでは消費者に焦点を当てた情報発信ができていなかった
  • ヨーグレットやパチパチパニックといった知名度のある商品を製造しているが、アトリオン製菓のお菓子であるという認識が低いので、県内の消費者を筆頭に認知度を高めたい
  • お菓子はもちろんのこと、製造している企業にも親しみを持ってもらいたい
施策の方向性
  • 「人と人がつながる喜び」を視覚的に表現し、消費者との感情的な結びつきを深めるサイトデザイン
  • 「お菓子ができるまで」や「従業員インタビュー」など、アトリオン製菓に関する深い理解を得るためのコンテンツを用意
成果と今後の構想
  • HubSpot CMS HubによるWebサイト構築で情報発信の土台を確立し、消費者に情報を迅速に届けることができるようになった
  • 今後も新商品やキャンペーン情報、お菓子の製造工程紹介などのコンテンツを通して、消費者とのコミュニケーションを強化していく

施策・プロセス

「人と人がつながる喜び」を視覚的に表現し、消費者との感情的な結びつきを深めるサイトデザイン

アトリオン製菓の社員様へのヒアリングを通じて、「人と人がつながる喜び」をWebサイトのコンセプトに掲げました。キャンディやヨーグレットなど、分け合うことができるお菓子の特性を活かし、アトリオン製菓のお菓子を通して親子、友人、同僚など、人と人がつながる様子をキャッチコピーやデザインで表現しました。

アトリオン製菓株式会社 (10)

「お菓子ができるまで」や「従業員インタビュー」など、アトリオン製菓に関する深い理解を得るためのコンテンツを用意

お菓子の製造工程をわかりやすく紹介するページを作成しました。ページ内は動画やふりがなを設置し、子どもが理解しやすい形式にしています。このコンテンツを通じて、子どもたちやその家族がアトリオン製菓に親しみを感じ、興味を持ってもらえるよう工夫しました。

グループ 21566

また、従業員のインタビューコンテンツを通じて、お菓子の製造に携わる人たちの思いを掘り下げることで、お菓子だけでなく企業や従業員に対する理解や親しみが深まるよう工夫しました。

グループ 21515

成果・今後の構想

お菓子の製造過程やその背景にある従業員の思いを表現したコンテンツとサイトデザインにより、消費者との結びつきが一層深まるWebサイトが完成しました。

なお、当サイトは「HubSpot CMS Hub」によって構築されています。CMS Hubの特長である「誰でも簡単に編集・更新が行える」点を活かし、情報発信を円滑に行う基盤を作りました。今後も消費者に対して、新商品やキャンペーン情報など、アトリオン製菓らしいコンテンツを提供していきます。

メディアイメージ

グループ 21522

グループ 21517

クライアント アトリオン製菓株式会社
URL https://www.atrion-s.com/
プロジェクト期間 6ヶ月
公開日 2023年9月29日
CMS HubSpot
担当範囲・担当者
(敬称略)
プロジェクトマネジメント:坂田 大輔
営業、契約関係:宮澤 春美
制作ディレクション:金子 大地 
デザイン:西澤 都
コーディング/CMS構築:西澤 文香
ライティング:塚田 結子、原 ゆき乃
公開作業:石坂 賢ニ
撮影:清水 隆史(ナノグラフィカ)
実績紹介の一覧に戻る

 

CONTACT お問い合わせ

詳しいサービスの内容や実績を知りたい方、Webマーケティング戦略、サイト構築、運用支援のご相談など
お気軽にお問い合わせください。

フォームから相談する

24時間365日受付。2営業日以内にご返信します