長野県公式観光サイト「Go NAGANO」

ユーザー動向をコンテンツ制作に活かし、実際の行動喚起をめざす新たな観光コンテンツサイト

Go NAGANO 長野県公式観光サイト

課題

  • 観光スポットやイベントの「説明」としてのコンテンツは揃っていたが、旅行の目的地として長野県を選んでもらうための力のあるコンテンツ群が必要
  • コンテンツで興味を喚起するだけではなく、アクション(長野への観光・観光商品の選択)に結びつく流れをつくりたい
  • Web上のユーザー動向を把握・検証し、それを次のコンテンツ作成につなげ、さらなる精度アップにつなげていくサイクルをつくりたい

施策

コンテンツは「継続できるチーム編成」と「エビデンスに基づいた計画的なテーマ設定」が命

  • コンテンツ作成チーム(企画・ディレクション・取材ライティング、撮影、編集、エントリーの各担当)を編成。毎月定期ミーティング開催。
  • 長野県に優位性のあるテーマをピックアップし、年間計画を立てる。さらにコンテンツの閲覧状況などを常に検証し、記事作成にフィードバック。

コンテンツは単独ではなく、関連付けることで効果が高まる

  • テーマごとに「集客用コンテンツ」と「深堀りコンテンツ」を意識的に組み合わせた。それにより集客対策と旅行検討者への行動喚起につながっている。関連記事や関連施設データベースと連携させる仕組みが内包されている。

gonagano042x

まとめ

  • 公開後1年半で約180本の記事がテーマごとに公開され、旅行検討者が持つさまざまな興味関心に応えられる受け皿が完成した。
  • 単に観光案内情報を掲載するという従来型の観光案内サイトを、数年計画で「マーケテキング機能を備えて実際に県内各観光地に送客できるWebサイト」とするための土台となるのがこの観光テーマコンテンツ郡です。この土台に、今後Web上のユーザー動向データと送客の仕組みを組み合わせ、長野県観光推進の中心的役割をになっていくことになります。

制作概要

クライアント名
長野県
URL https://www.go-nagano.net/
ジャンル
公式観光ポータルサイト/観光コンテンツサイト
プロジェクト期間
公開まで約5ヶ月
公開日
2020年10月1日 (木)
CMS
RCMS
担当範囲・担当者

担当範囲・担当者 ※敬称略
営業・提案:室賀英二、坂田大輔
全体プロデュース:坂田大輔
システムプロデュース:室賀英二
サイト設計:阿部寛樹
システム設計:室賀英二
デザイン:ハラヒロシ(デザインスタジオ・エル)、佐藤佳奈
コンテンツ統括・編集:山口美緒
コンテンツディレクション:小林隆史、塚原康徳
システム構築:西澤直一

資料ダウンロード
資料ダウンロード
インターネットを用いたマーケティング活動に必要な資料をダウンロードいただけます。

準備中

お電話でのお問い合わせ

026-213-5151

平日 9:00~18:00(休日:土日祝)