迷惑メール判定を防止するEメール送信ドメイン”DKIM”の設定

Eメール送信ドメインDKIMの設定DKIMとは?

DKIM(Domain Keys Identifled Mail)とは、メールを送信する際に送信者側がメールに電子署名を付与できるドメイン認証技術です。つまり「このドメインの責任者は自分である」ことを意味します。
DKIMの設定により、受信者側は電子署名を照合することで送信者のドメイン認証を行います。つまり、送信者のなりすましが検知できるため「このメールが正当な送信者から送信されたものかどうか」を判断でき、結果的に迷惑メールの防止につながります。

DKIMを設定していない場合、メールプロバイダは「このメールが正当な送信者から送信されたものか判断ができない」ため、迷惑メールとして判定されたりブロックの対象になってしまいます。

HubSpotのEメールマーケティング機能の仕組み

HubSpotのEメールマーケティング機能は、HubSpotサーバーを経由してコンタクトにメールが配信されます。

DKIMを設定していない場合

受信者側のメールプロバイダでは「サーバーはHubSpotだが、送信者アドレスは別のアドレス」ということが検知されるため、迷惑メールとして判定される可能性が高くなります。つまり送信元がHubSpotのままであり、許可を得ていない状態で代理送信される「なりすましメール」として判断されます。

DKIMを設定している場合

DKIMを設定することで、HubSpotにドメイン認証されドメインがHubSpotに接続されるため、Eメールを代理送信する権限がHubSpotに付与されるようになります。
「自社のアドレスでHubSpotサーバーを介しているのは、意図していることである」と受信者側のメールプロバイダに示すことができるため、迷惑メール判定の防止に繋がります。

HubSpotのDKIMの設定方法

以下では、DKIMの設定手順を紹介します。
HubSpot管理画面と、DNSプロバイダーの管理画面を開いた状態でお試しください。


HubSpot管理画面の右上に表示されている歯車マーク設定ボタン)をクリックします。

ウェブサイト]>[ドメインとURL]をクリックしてください。

[ドメイン]タブの下の方にEメール送信ドメイン(DKIM)項目がありますので、Eメール送信ドメインを接続をクリックします。

ドメイン選択画面が表示されますので、マーケティング用のEメールアドレスを入力してください。

マーケティング用のEメールアドレスを入力すると、Eメールの送信元のドメインが表示されます。ドメインに間違いがないか確認し、問題がなければ次に進んでください。

[ホスティングをセットアップする準備ができました]という画面が表示されます。
ここではDNSプロバイダーのログインからDNSの変更までを順番に確認できます。
Settings3

[1.DNSプロバイダーにログインする]では、DNSプロバイダーにログインをしてください。プロバイダーにログインをしたら[ログインしています]にチェックをつけて次に進みます。

[2.DNSレコード設定を見つける]では、プロバイダー管理画面からDNS設定画面を確認してください。DNS設定画面を見つけたら[完了しています]にチェックをつけて次に進みます。

▽よく使用されているプロバイダー

[3.DNSレコードを更新する]で、ホスト(名前)・値をコピーし、プロバイダー管理画面の該当するフィールドに貼り付けてください。
貼り付けが完了したら[完了]にチェックをつけてください。

[3.DNSレコードを更新する]では、
・正しくDNSレコードが設定されている場合:「認証されました」と表示されます。
DNSレコードが正しく設定されていない場合:「レコードが無効です」というエラーが表示されます。

DNSレコードは反映されるまでに時間がかかります。
まだ反映されていない場合も「レコードが無効です」と表示されますので、[レコードが無効です]をクリックして表示される更新ボタンから、変更が反映されているか確認をしてください。

問題なく表示されている場合[Eメール送信ドメイン(DKIM)]に、接続したドメイン名と「接続済み」と表示されます。

なお「接続済み(レコードがありません)」と表示される場合は、HubSpotとドメインとの接続を完了する必要がありますのでご確認ください。
ドメイン接続のトラブルシューティング(HubSpot)

まとめ

迷惑メールと判断される原因の1つは「なりすましメール(送信元を偽装したメール)」です。DKIMを設定することで正規のドメインから配信されていることが確認できるため、迷惑メールとして判断される可能性を抑えることが期待できます。
ただし「絶対に迷惑メールと判断されない」というわけではありません。受信者側のメールサーバーやセキュリティにより迷惑メールに分類される可能性もありますので、あらかじめお含みおきください。

HubSpotでメール配信を行う場合、自社のメールマーケティング活動を安心・安全に進めるために、まずはDKIMの設定から確認することをおすすめします。